米Apple、「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」 記念でキング牧師の写真掲載。今年で8年目

Apple.comより

現地時間1月17日、米Appleは 「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」 を記念して、同社公式サイトのトップページにキング牧師の写真を掲載した。

キング牧師記念日に合わせて米Apple公式サイトに写真が掲載

キング牧師は、米国の歴史を語る上で最も重要な人物のひとり。「I Have a Dream (私には夢がある) 」 などの有名なフレーズとともに人種差別の廃止を訴えた。

米国ではキング牧師の誕生日(1月15日)に近い毎年1月第3月曜日が 「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」 として祝日になっているが、Appleは同祝日を記念して、毎年公式サイトのトップ画像をキング牧師のものに変更する。2015年から実施されていて、今年で8回目となる。

キング牧師の写真の横に同氏の名言が置かれるのが毎年の恒例だが、今年は 「I believe that we can transform dark yesterdays of injustice into bright tomorrows of justice and humanity. (不平等によるこれまでの闇を、平等と人間性のある輝かしい明日に変えられると信じている。)」 という言葉が置かれている。

また、Appleはこの名言とともに、「Today and every day, we honor his life and legacy of service. (私たちはマーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏の人生および彼の遺した遺産を誇りに思う) 」 と記載。「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」 を祝っている。

関連記事
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。