Apple、株主総会を現地時間2022年3月4日にオンラインで開催

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月6日、Appleは2022年の株主総会を3月4日午前9時(現地時間)から開催すると、Apple公式サイトの投資家向けページで案内した。

今年は昨年同様、COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の影響を考慮してオンラインでの開催となる。

議決権行使はオンライン、電話、郵送にて行うことができる。2022年1月3日時点でApple株を保有している株主が対象だ。質問は2022年3月3日午後8時59分までに送信することが可能。なお、株主総会は開始15分前よりアクセス可能だという。

株主総会では、Appleの取締役会の再任や役員報酬の承認、株主提案に関する議論などが行われる。新製品の発表や業績発表などは行われないものの、今後の業績見通しや経営方針に関する情報が提供される場でもある。

5G iPhoneの投入やMacのApple Silicon化計画、さらにはサービス部門の売上拡大など、多くの野望を打ち立ててはそれを有言実行してきたこともあり、業績は過去数年好調を維持しているApple。多額の自社株買いと配当実施による株主還元、直近では米国株式市場の上昇も加わり、株価が過去最高値を更新しており、一時的ではあるものの米国企業ではじめて時価総額3兆ドルを突破した。

なお、Appleは2022年第1四半期の決算発表を1月27日に控えている。昨年のホリデーシーズンの業績がどうだったのかが明らかになる予定だ。

関連記事
Apple、2022年第1四半期の決算を1月27日に発表へ
2022年に発表されるApple新製品の情報・スペックまとめ。発売時期も予想してみた

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。