Apple Music、山口百恵の全アルバムにライナーノーツを追加

7月29日、Apple Musicは山口百恵の全アルバムにライナーノーツを追加した。1973年8月に発売したデビュー・アルバム 「山口百恵ファースト・アルバム としごろ」 から、引退直後の1980年10月21日に発表された最後のオリジナル・アルバム 「This is my trial」 までの合計22作品を、Apple Music独自の解説付きで楽しむことができる。

Apple Musicで山口百恵の全アルバムにライナーノーツが追加

Apple Musicでは、今年の5月29日に山口百恵の全カタログが解禁され、昭和歌謡を知らない若者にも世代を越えて広く浸透した。本日これらのアルバムすべてにライナーノーツが追加されたことで、各アルバムの聞きどころや各楽曲が生まれた背景などを詳しく知ることができる。

たとえば彼女の最高傑作との呼び声が高い1978年にリリースされた 「二十才の記念碑 曼珠沙華」 については、「レコードのA面に当たる前半は『曼珠沙華の章』と題された6曲で、そのトップに置かれたのはのちに国民的な名曲となる『いい日 旅立ち』」 で、「阿木燿子と宇崎竜童による濃密なラブバラード『曼珠沙華』では百恵の独白をフィーチャー」 しており、「自伝的な感触もあるこのアルバムは、彼女の一つの到達点を感じさせる仕上がりで、二十歳になる直前に発表されたことにも大きな意味がある」 と解説されている。

また、Apple Musicの歌詞表示機能では、曲に合わせて各フレーズがタイミングよく表示され、曲を聴きながら歌詞を追うことができる。かつてレコードやCDでの音楽鑑賞が主流だった時代にはブックレットに掲載されたライナーノーツや歌詞が読まれていたが、Apple Musicでは現代に則したデジタルな方法で楽しむことができる。

これらの作品とライナーノーツは、Apple Musicの山口百恵アーティスト・ページで公開されている。当時レコードやCDでアルバムを楽しんでいた方も、今回初めて山口百恵に触れるという方も、ぜひApple Musicのライナーノーツを読みながら、各楽曲を聴いてみてはどうだろうか。

関連記事
RADWIMPSのニュー・シングル『夏のせい』Apple Musicで限定配信。新CMも公開

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。