「Apple Music」学割プランが新たに79の地域で提供開始 2月26日からはさらに3つの地域でも利用可能に

Appleが提供している月額制音楽配信サービス「Apple Music」には、月額980円の個人プランと月額1,480円のファミリープランのほか、個人プランの半額の月額480円で音楽を楽しめる「学生プラン」が提供されている。

この「学生プラン」のおかげで、多くの学生がお得に「Apple Music」を利用することができているが、同プランの提供地域が拡大されることが明らかになった。

これを伝えたのはiMoreのRene Ritchie氏で、本日から「Apple Music」の学生プランの提供が新たに79の地域で開始され、さらに2月26日からは3つの地域が加わることで、合計82の地域で新たに学生プランの提供が行われることになるとのこと。

新たに提供が開始された地域の中には、イスラエル、マレーシア、フィリピン、ポーランド、ポルトガル、台湾などが含まれているという。

すでに日本でも提供が開始されている「学生プラン」は、個人プランのたった半分の月額料金で利用できることから、「Apple Music」のユーザー数の拡大にも一役買っている。今後はさらに利用できる地域が拡大されることで、「Apple Music」を利用するユーザーの増加に繋がっていくものと予想される。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。