MGM、AppleやNetflixに会社売却を検討か。買収交渉を既に複数回行っている模様

大手映画製作・配給会社MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)社が、AppleやNetflixなどに対する会社売却を検討していることが米CNBCの報道(現地時間26日)でわかった。

既にMGMはAppleなどの大手IT企業との間で買収に関する協議の場を設けており、買収に関して興味があるかどうか打診している可能性があるようだ。

MGM社が大手IT企業に対して会社売却を検討中

MGMは米国の映画製作・供給の大手。有名作はスパイ映画 「007」 シリーズや 「キューティ・ブロンド」 「ハンニバル」 など。比較的新しい作品では、「ドラゴン・タトゥーの女」 や 「ホビット」 、007シリーズからは 「007 スカイフォール」 など多数の話題作を手掛けてきた。「ロッキー」 や 「マッドマックス」 といった著名作のライセンスも保有している。

しかし、2010年に破産危機を迎えてから幾度となく企業売却の報道がなされており、昨年末にはWall Street Journalなど各メディアが同社の売却検討を報じた。

現時点で、売却先に最も近い企業がどこなのかは分からないが、WSJやCNBCらはAppleやNetflixなど大手IT企業を挙げている。

その理由はインターネット経由による映像配信サービスの台頭にある。AppleやNetflixは映像配信サービスの競合で、世界規模のユーザー獲得競争を展開している。特にAppleに至っては映像配信サービス 「Apple TV+」 をローンチして間もなく、まだ目玉作品が少ないことからMGMの持つコンテンツはきっと魅力的に映るはずだ。「007」 シリーズが自身のサービスで独占配信でき、コンテンツのラインナップ強化に繋がるのであれば、MGMの買収に前向きであっても決しておかしくはない

CNBCによるとMGMは100億ドル以上の価値があるとのこと。もちろんMGMとても自らを安く売ることは考えていないはずで、おそらく007シリーズ最新作 「007 ノー・タイム・トゥー・ダイ」 の公開タイミング (2020年4月) が売却のベストタイミングとなるだろう。MGMはAppleやNetflix以外にも複数の企業との間で会談を設けているというが、果たしてテックジャイアントとのビッグディールは成立するのだろうか。

関連記事
リブート版 「アメージング・ストーリー」 、Apple TV+で3月6日に独占配信
Appleの定額制映像配信サービス 「Apple TV+」 がスタート。Apple製品購入者は1年間無料で視聴可

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。