Appleの新本社ビル、ガラスの壁に衝突する従業員が多数

Appleの新本社ビルは、壁面の多くがガラスで作られている。外から見ると、とても綺麗でモダンな外観をしている同ビルだが、中で働く従業員は不便を強いられているようだ。

Bloombergによると、Apple新本社ビル内で働く従業員が、このガラス壁にぶつかって痛い思いをするケースが多発しているという。

本社ビルの壁に激突する従業員が多数

ガラス壁にぶつかる事故の多くが、従業員が歩きスマホをしていることが原因とみられている。手に持ったスマートフォンを見ながら歩くため、注意力が散漫し、ただでさえ見辛いガラス壁に気付かずに衝突しているのだろう。

この場合、「悪いのは従業員」ということになりそうだが、あちこちの壁がガラスで作られているのであれば、それも仕方ないようにも思える。従業員の中には、ガラスの壁にポストイットを貼り、壁の存在に気付けるように工夫する人もいたのだとか。

ちなみに、この手の事件はAppleにとって初めてのことではない。というのも、2012年に83歳の女性がApple Storeのガラス壁に衝突する事故が起き、訴訟にまで発展している。

訴訟は、法廷外で和解に達したとのことだが、ガラス壁の問題は場所を変えて再燃しそうだ。

▶︎ 10.5インチ / 12.9インチ「iPad Pro」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。