Apple、ARMベースの新型デバイスを開発中 タッチスクリーンを搭載したハイブリッドコンピュータ?

apple-book-concept_2

カリフォルニアの「テクノロジーの巨人」は、我々が今までに見たことのない面白いデバイスを秘密裏に作っているのかもしれない。

米メディア9to5Macによると、AppleはARMベースのプロセッサを搭載した端末を開発しているという。

AppleはARMベースのプロセッサを搭載した端末「Star」を開発中

噂の新型デバイスのコードネームはStar、モデル名は「N84」。ARMプロセッサを搭載した初めてのMacあるいはARMプロセッサを搭載したiOSベースのノートブックになる可能性があるという。もしくは、完全なる新しいデバイスの可能性も。

以前から、AppleはARMプロセッサを搭載したMacを開発していると噂されてきた。最近では、2018年4月にBloombergから、ARMベースプロセッサの内製が報じられた。

Appleは2006年から、Intel製のプロセッサを搭載したMacを開発してきた。しかし、iOSデバイスとの一体感を持たせるため、そしてIntelのプロセッサのリリーススケジュールにMacの発売時期が左右される問題を解決するために、ARMベースのプロセッサを内製することにした。すでに社内ではゴーサインも出ているという。

この「Star」プロジェクトは、まだプロトタイプ段階で、実際の製品の投入までには時間がかかりそうだ。ちなみに、プロトタイプは中国のPegatronによって製造され、Appleの従業員によるテストのため、少数のユニットが本社のあるカリフォルニア・クパチーノに送られているとのこと。少なくとも2018年1月からプロトタイプの製造が始められているようだ。

9to5Macによると、謎の新型デバイスにはタッチスクリーンやSIMカードスロット、GPS、コンパスが搭載されるとのこと。また、耐水性もあるという。そして、Macで採用されている起動システム(EFI)が使用されていることも判明している。

これまでの情報から考えて、製品化は早くても2020年。完全なる新型Macなのか、それともiOSを派生としたコンピュータになるのか。読者の方はどんな端末になると予想するだろうか。

ちなみにこれまでに多数のリーク情報を提供してきた@OnLeaks氏は、今回の情報を否定的に見ているようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。