Appleは今後大画面iMacを発売する計画はない?海外メディア報じる

Appleは先日の新製品発表会 「Peek Performance.」 にて、Mac StudioStudio Displayを発売した。これと同時に、27インチiMacの販売を終了したことから、Mac StudioとStudio Displayの組み合わせは実質的な27インチiMacである可能性がある。

一方で、一部のジャーナリストやアナリストは依然として27インチiMacの後継とみられる 「iMac Pro」 の発売を予想している。果たしてどちらの考えが正しいのだろうか。

現地時間3月11日、米Apple系メディア9to5Macは、Appleが今後大画面を搭載したiMacを発売する計画はないと伝えた。

今後、大画面のiMacは発売されず?

Mac StudioとStudio Display (画像:Apple)

9to5Macによると、この情報はAppleの事情に詳しい匿名の情報筋から得たものであるとのこと。先日Mac StudioとStudio Displayの発表を事前に言い当てた人物で、「Appleは、近い将来、大画面のiMacをリリースする計画はない」 と9to5Macに語ったという。

Appleは現在、業界を驚かせたM1チップをアップデートした、次世代チップ 「M2」 の開発に取り組んでいると伝えられている。同チップはMacBook Airや13インチMacBook Pro、Mac mini、24インチiMacなどに搭載される可能性が高いが、大画面iMacに搭載される計画はないという。また、M1 ProやM1 Max、M1 Ultraチップを搭載したバージョンも発売する可能性は低いとみられるとのこと。

もしこの情報が正しければ、iMacのラインナップは今後24インチモデルのみということになる。もし27インチiMacの後継機を直近発売する計画があるのなら、Intelプロセッサを搭載した最後のモデルを販売終了するのはやや不自然であることから、やはり後継機種は出ないと考えるのが普通なようにも感じる。

(画像:Apple)

しかし、前述したように一部の著名アナリストやジャーナリストたちが一様に口にするiMac Proの噂も気になるところ。AppleはMacのラインナップにあえて 「24インチiMac」 と記載している点にも違和感が残る。24インチiMac以外のラインナップが出そうな雰囲気も多少感じられなくもないが、今後iMacシリーズの行方はどうなるのだろうか。

関連記事
「Mac Studio」 正式発表。M1 Ultra/M1 Max搭載の新型デスクトップMac
27インチiMacがディスコン。Mac Studioの登場に合わせて

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。