Apple、デベロッパー向けにAirPods Proのファームウェアベータ版を提供へ

Appleは現在、開発者向けに 「iOS」 「iPadOS」 「macOS」 「watchOS」 「tvOS」 「HomPodソフトウェア」 のベータ版を提供している (HomPodソフトウェアは一部ユーザーのみ)。これに、AirPods Proのファームウェアのベータ版も加わることがわかった。

AirPods Proに開発者ベータソフトウェアが提供へ

Appleは、開発者向けにAirPods Pro用ファームウェアのベータ版を将来的に提供することを発表した。このベータ版を導入することで、次期iOS / macOSの新機能を各OSの正式リリース前に利用できるようになるとのこと。

まずは今秋に利用可能になる、AirPods Proの会話ブースト機能、そしてアンビエントノイズリダクション機能が利用できるようになるという。

AirPodsにベータ版を導入する方法は現時点では不明となっているが、米MacRumorsは、現在のiOS betaのようにプロファイルをiPhoneにインストールすることで、利用できるようになるのではないかと予想している。詳細は、後日明らかになるだろう。

関連記事
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリングと音質
新型AirPodsは2021年後半、新型AirPods Proは2022年に発売。Bloomberg報道

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods Pro
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。