Appleブランドの新型オーバーイヤーヘッドホンのコンセプトが公開

2月25日、Appleが新型「AirPods」と同時に自社ブランドのハイエンドオーバーイヤーヘッドホンの開発に取り組んでいるという情報が、著名アナリストMing-Chi Kuo氏からもたらされた。

Kuo氏によると、同ヘッドホンは傘下のBeatsブランドとしてではなく、Appleの自社ブランドとして販売されるとのことだが、この噂を受けて、早速The Apple Postからコンセプト画像が公開されている。

噂の新型オーバーイヤーヘッドホンのコンセプトが登場

公開されたコンセプト画像には、ハウジングに大きめのAppleロゴがしっかりと入った、高級感漂うワイヤレスオーバーイヤーヘッドホンが描かれている。

側面には段差や装飾がほとんどなく、かなりシンプルな作り。デザインはどことなくBeatsを彷彿とさせるものがあるが、カジュアルさを抑え、よりスマートな印象を強めに出しているように感じる。

ヘッドバンドの外側など、本体のカラーは全体的にホワイトが目立っているが、ヘッドバンドの内側やイヤーカップは少し濃いめのベージュが採用されている。コンセプトでは、このベージュの部分は縫い目がハッキリと見えることから、何らかの高級皮を使用しているという設定なのだろうか。

また、左側のハウジングにはマイク用の穴(?)が開けられているのが確認できる。おそらく「AirPods」と同様にハンズフリー通話ができるものと予想されるが、噂の次期「AirPods」と同様に、声だけでSiriを起動できる「Hey Siri」に対応するのかもしれない。

Kuo氏によると、同ヘッドホンは2018年の10月~12月に発売する予定。同時期には、ケースがワイヤレス充電に対応し、アップグレードされたW1チップが採用された新型「AirPods」も発売すると噂されている。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。