Apple本社ビルのオフィスチェアは1台13万円 全スタッフの椅子だけで15.6億円の費用に?

米カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの新社屋「Apple Park」では、約12,000人ものスタッフが働く計画だが、スタッフに支給される椅子にはかなりの額がかかっているようだ。

FastCompanyによると、Appleは本社スタッフの椅子として、家具メーカーVitraの椅子デザイナーJay Barber氏とEd Osgerby氏がデザインした「Pacific Chair(パシフィックチェア)」を選んだとのこと。一台あたりの価格は1,185ドル、日本円にすると約13万円ほどだ。

スタッフ用に用意された椅子は1台13万円

同椅子の正確な発注数は明らかになっていないが、全スタッフに支給する計画だったなら12,000台分を発注したはず。合計すると、椅子だけで15.6億円かかる計算になる。

Appleが「Pacific Chair」をスタッフ用の椅子として選んだ理由は、「Apple Park」をデザインした最高デザイン責任者のJonathan Ive(ジョナサン・アイブ)氏が、同椅子のデザインを気に入ったから。シンプルなデザインでありながら、美しい曲線やエレガントさを持つ同椅子が、Ive氏の好みと合致したためと予想される。ちなみに、椅子のデザイナーBarber氏とOsgerby氏はIve氏と数年来の知り合いであるとのことだ。

ちなみに、新本社「Apple Park」はすでに運営が開始されており多くのスタッフが働いているが、一部はまだ建設中で、本社機能の全てを旧社屋から移行することはできていない。「Apple Park」の建設が全て完了するのは2018年内と予想されている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。