Apple Pay、アイスランドでサービス開始

現地時間5月8日、Appleの独自決済サービス 「Apple Pay」 がアイスランドで利用できるようになったことが判明した。

アイスランドではアリオン銀行とランズバンキ銀行の2つの銀行がTwitter上で提携を発表しており、これらの銀行が発行するクレジットカードやデビットカードをWalletアプリに追加して使うことが可能だ。

今回アイスランドでサービスが開始されたことで、Apple Payが利用できる国・地域の数は37に。ちなみに、Apple Payに関しては今年2月にもチェコとサウジアラビアでサービスが開始されており、直近ではスロバキアでもサービスが開始すると噂されている。

【関連記事】Apple Pay、2月19日にサウジアラビアとチェコでサービス開始へ

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。