【検証動画】「Apple Pencil」を鉛筆削りに突っ込むとどうなるか

先日、AppleのCEOティムクック氏はこう言った。「Apple Pencilはスタイラスじゃない、鉛筆だ」と。

鉛筆ならば、芯先が短くなり削る必要があるはず。そして削れるはずだ。

そんなわけで、実際に「Apple Pencil」を削ってみた検証動画が上がっているのでご紹介!

鉛筆削りにダイレクトイン!

鉛筆をどうやって削るかは人によって違うと思うのだが、TechRaxは鉛筆削りを使ってダイナミックに芯先を尖らせた。

apple-pencil-into-sharpener2

まずは、普通の鉛筆を削る。

apple-pencil-into-sharpener3
芯先がなくなった鉛筆がこんなにも綺麗に。
よく削れる鉛筆削りであることが証明された。

満を持して「Apple Pencil」の登場。

apple-pencil-into-sharpener1

ペン先を入れてみると…

apple-pencil-into-sharpener5

見事に鉛筆のように削れている!

apple-pencil-into-sharpener4

さすがに金属部分は削れないのか残ってはいるが、「Apple Pencil」のペン先がしっかり尖っている。

apple-pencil-into-sharpener7

順調に削れたので、逆側のLightningポート側も削ってみた結果。

apple-pencil-into-sharpener6

キャップ部分が削れてなくなってしまった。

Apple Pencilはやはり鉛筆だった

Lightningポート自体は何回やっても削ることができず諦めた形となったが、Apple Pencilの樹脂部分は鉛筆削りで削れることが判明。

ティムクック氏の言う通り、「Apple Pencil」は鉛筆であることが証明された

「Apple Pencil」は使っているうちにペン先が短くなることはないので、削る必要はないかと思うが、もし削りたくなったら鉛筆削りで削ってみてはどうだろうか。

ちなみにTechRaxは、動作まで確認してないようなので、実際に使えるかどうかは不明。

apple-pencil-into-sharpener1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう