Apple、年内にPodcastのサブスクサービス立ち上げか。独自番組の制作も

Appleは音楽、ゲーム、映画、フィットネス、雑誌&ニュースとさまざまなサブスクリプションサービスを展開してきたが、今度はこれらにPodcastを加える計画だ。

現地時間15日、米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏は、AppleがPodcastのサブスクリプションサービスを年内に開始するための準備を行なっているとレポートした。

Appleは2021年にPodcastのサブスクリプションサービスを立ち上げ予定

Mark Gurman氏によれば、Appleは2021年にPodcastのサブスクリプション(定額課金制)サービスの展開を予定しているとのこと。サービスの詳細については不明ながら、特定のPodcastを月額料金を支払うことで視聴できると予想される。

加入者を増やすため、Appleは独自のPodcast番組を制作したり、特定の番組と提携し、供給番組を増やすことを計画しているようだ。

AppleがPodcastのサブスクリプションサービスを計画している、とするBloombergの報道は昨年7月が最初。このときMark Gurman氏は、Appleの幹部たちはPodcastの独占配信権について他メディア企業と協議を行っていること、巨額の資金を拠出する計画があることを伝えていた。

AppleがPodcastの定額サービスを始めるということは、SpotifyなどPodcast市場の競争が激化することになる。Spotifyは音楽配信で有名だが、同時にPodcastの配信にも力を入れており、最近は音楽とPodcastをミックスしたプレイリストを提供している。独自番組をAppleが制作するとなれば一定数のユーザー流出は避けられないかもしれない。

ちなみに、米国では毎月7,000万人を超えるユーザーが何かしらのPodcastを聞いている。さらに毎週視聴するユーザーは4,800万人。とても大きな市場だ。もともとはAppleが圧倒的なシェアを保持していたのだが、最近ではSpotifyやAmazonに “お株を奪われてしまっている” 状態。

Appleはこの数年間でサービス部門の売上を倍増させることを狙っている。その手段としてPodcastに目が向けられているのかもしれない。かつてのシェアを取り戻せるのか注目だ。

関連記事
Apple、ポッドキャスト強化のため資金拠出 オリジナル番組制作でSpotifyに対抗か
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。