「Apple Podcast サブスクリプション」 5月に提供開始。同社初のポッドキャストのサブスクサービス

現地時間4月20日、Appleは新製品発表イベント 「Spring Loaded.」 にてポッドキャスト(Podcast)のサブスクリプションサービス 「Apple Podcast サブスクリプション」 を発表。今年5月から、世界170カ国で提供を開始する。

Podcast番組の制作者がサブスクリプションサービスを提供可能に

「Apple Podcast サブスクリプション」 は、Podcast番組の制作者が視聴者に対してサブスクリプションサービスを提供できるというもの。月額料金は制作者側が自由に設定することが可能で、年額払いと月額払いの両方を設定可能。加入者は、追加のコンテンツや特典、広告なし再生など楽しむことができる。

番組制作者側は年額19.99ドルを支払い 「Apple Podcasters Program」 に加入することで、サブスクリプションサービスを始動することが可能だ。初期パートナーとしてPushkin Industries、QCODEおよびNPRなどが挙げられたが、今後パートナーは拡大する見通し。

同サービスの始動に合わせる形で、ポッドキャストアプリの刷新も行われる。好きなポッドキャスト番組を探しやすくなるだけでなく、トップチャートやカテゴリから興味のある番組を探すことも容易くなる。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。