Apple、自社ブランドのオーバーイヤーヘッドホンを2018年後半に発売か

Appleは2018年内に、ワイヤレス充電に対応した新型「AirPods」を発売すると噂されているが、「AirPods」の他にオーバーイヤーヘッドホンも年内に発売する予定のようだ。

KGI Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは現在、新型「AirPods」と同時に自社ブランドのハイエンドオーバーイヤーヘッドホンの開発にも取り組んでおり、同ヘッドホンを2018年の10月~12月に発売する予定であるとのこと。

Appleから独自のオーバーイヤーヘッドフォンが登場か

今回Kuo氏が伝えたオーバーイヤーヘッドホンは、これまでにない新しいデザインが採用され、音質は良く、「AirPods」のように便利に使うことができるという。

また、SZSが部品の主なサプライヤーとなり、Primaxが組み立てを行う。同ヘッドホンはあくまでAppleの自社ブランドとして発売される予定で、傘下のBeatsブランドとして発売するわけではないようだ。

また、Kuo氏は新型「AirPods」についての情報も同時に伝えている。

新型「AirPods」は、ケースがワイヤレス充電に対応し、アップグレードされたW1チップが採用。ケースがワイヤレス充電に対応する関係で、価格は60~80%ほど高くなるものとみられている。現行モデルの価格が16,800円(税別)なので、おおよそ26,800円から30,240円ほどで販売されるということに。

新型「AirPods」の発売は、以前からの情報通り2018年後半になる予定であるとのこと。

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。