Apple、(PRODUCT)RED製品の収益寄付を12月30日まで延長。コロナ対策基金に

Appleは昨年から、(PRODUCT)RED製品の収益を新型コロナウイルス対策への寄付にあてている。

2020年4月にはじまった同寄付活動は、昨年4月の段階で同年9月30日まで延長され、12月には2021年6月30日まで延長されていた。そして現在は、2021年12月30日まで延長することが決定している。

12月30日購入分まで(PRODUCT)RED製品の売上を新型コロナウイルス対策基金に寄付

この取り組みは、Apple製品の中で展開されている赤カラーを採用した(PRODUCT)REDモデルを購入した場合、その収益のすべてが新型コロナウイルス対策基金に提供されるというもの。

もともとはHIV/AIDS対策基金へ寄付されていたが、昨年から新型コロナウイルスが世界的に猛威をふるい、危機的状態に陥っている医療制度を支援するための対応として、現在は新型コロナウイルス対策基金に収益の全額を寄付している。

アフリカのエイズ対策プログラムを支援する(RED)が発足した2006年から、Appleは同組織とのパートナーシップを続けている。Appleが(RED)を通じて支援した額は昨年末時点で約2億5000万ドル。2019年末には2億2000万ドルと発表されていたことから、1年間で3000万ドルを支援していることになる。

ちなみに、Appleが販売する(PRODUCT)RED製品は、iPhoneやiPhoneの保護ケース、Apple Watch、iPod touch、Beatsのヘッドホンやスピーカーがある。(PRODUCT)RED製品の購入はApple公式サイトから。

(via MacRumors)

関連記事
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?
iPhone SE(第2世代)の(PRODUCT)REDモデル、売上げは新型コロナ対策基金に寄付

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。