新型MacBookが近く登場か EECリストに未発表Macが登録

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現行モデルが登場してから早くも2年が経過したMacBook (12-inch)に、近く新型モデルが投入されることになるかもしれない。海外メディアMacRumorsが、ユーラシア経済委員会(EEC;Eurasian Economic Commission) のリストに、未発表のMacが登録されたことを伝えた。

新型12インチMacBookがEECに登録か

今回EECのリストに新たに登録されたMacは、A2141、A2147、A2158、A2159、A2179、A2182、A2251のモデルナンバーを持った7つのMac。これがどのMacに該当するのかは不明だが、最も可能性がありそうなのはMacBook(12-inch)。同シリーズに新型機が最後に登場したのは、2年前の「WWDC 2017」 だった。

時期的にはそろそろ新型モデルが登場してもおかしくない頃。EECに登録された製品は、早くて数週間後に発売となることがある。ということは、ここ最近MacBook ProiPod touchなど各製品のサイレントアップデートを繰り返しているように、新型MacBookもサイレントで発表する可能性も無きにしも非ず。

実際の新型モデルの登場するまでには、海外の著名リーカーなどからもう少し情報が出てくるとは思うが、12インチMacBookの購入を考えている方は、今後の情報に注目した方がよさそうだ。

ちなみに、今後のMacBookシリーズに関しては複数の噂が存在する。主にMacBook Proに関してだが、海外の著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、16インチの画面を搭載した次世代型MacBook Proの年内登場を予想している。

実際、MacBook Proは先月に新型モデルが出たばかりであるため、16インチの新型MacBook Proは来年以降に持ち越しとなる可能性があるが、Kuo氏の新しいレポートが公開されるまでは依然として年内に発売する可能性が残る。

また、MacBook(12-inch) に関する情報はまだ少ないが、一部の噂では最新プロセッサ搭載で処理能力が向上すること、MacBook AirのようにTouch IDが搭載されることを予想する声がある。果たして、今回EECに登録されたMacはMacBook(12inch)の新型なのか、それとも将来発表する予定の次世代型MacBook Proなのだろうか。

関連記事
【レビュー】12インチ「MacBook (2017)」ローズゴールドモデル CPUのアップグレード、第2世代バタフライキーボードでかなり快適に
【徹底レビュー】MacBook Pro 2019 13インチ:性能向上とキーボードの改良でいよいよ完成体に。2018年モデルとの比較も

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。