Steamゲームをストリーミングで遊べるアプリ「Steam Link」、Appleによる承認取消しで提供できず 今後のリリースも不透明に

多くのSteamユーザーから期待されていた「Steam Link」アプリが、Appleによって承認が取り消されたことが分かった。

これによってApp Storeでは「Steam Link」アプリの提供ができず、AppleユーザーはSteamのゲームをストリーミングで遊ぶことができなくなってしまった。米CNETが報じている。

Appleが「Steam Link」の承認を取り消し

PCゲームプラットフォーム「Steam」を運営するValveは今月9日(現地時間)、MacやWindows PC内にあるSteamゲームをストリーミングし、iOSデバイスやAndroidデバイスなどで遊べるようにする「Steam Link」アプリを提供予定であると発表した。

今月21日には同アプリのリリースを予定していたそうだが、Appleが課しているアプリの審査を通過することができず、ユーザーに対して提供することができない状態であるという

CNETによると、「Steam Link」は一度審査を通過しており順調にいけば今月21日に提供を開始するスケジュールだった。ただし、翌日の22日にAppleから「アプリケーションのガイドラインとのビジネス上の競合」を指摘され、アプリの承認が取り消されてしまったとのこと。

Valve側はApp Storeにあふれているリモートデスクトップアプリとなんら違いはないことを主張しているが、残念ながらAppleがそれを聞き入れることはなかったそうだ。

これによって、App Storeで「Steam Link」アプリを利用できるようになるのがいつになるのかは不透明になってしまった。

同アプリはすでにAndroidでベータ版の提供が開始されており、スマホやタブレットを使ってSteamゲームを遊ぶことができている。このベータ版に関しては非常に動作が快適であることから、かなり高い評価を得ることができているが、そんな素晴らしいアプリがApple製品で利用できないとなると多くのユーザーに失望を与えそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。