Apple、COVID-19のスクリーニングツールを米国で提供開始

現地時間3月27日、米AppleはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染者数が米国で増えていることにともない、CDC(アメリカ疾病管理予防センター) と共同で同感染症に対するスクリーニングツールの提供を開始した。

このスクリーニングツールは用意された設問に対して回答していくことで、ユーザー自身もしくは他のユーザーがCOVID-19に感染している可能性が高いかどうか自己診断でき、すべての設問に回答が終わると、そのユーザーが次にどのような行動をとるべきなのかが提示される仕組みになっている。

用意されている設問は、年齢や既往歴、現在抱えている症状、14日以内に海外へ渡航したか、14日以内にCOVID-19の蔓延地域に滞在したかなど多数。医師や専門機関による診断ではなく、あくまで自己診断に過ぎないため、確実性のある診断結果は得られないが、COVID-19に対してユーザーが取るべき行動を知ることができるひとつのヒントとして役立つのではないだろうか。

同スクリーニングツールはこちら (アプリ版 / Web版) から誰でも無料で利用できる。ただし提供されているのは米国のみ(英語)となっているため、すべての機能を活用することはできない。とはいえ、COVID-19に感染している可能性の高さやその後に取るべき行動を知ることができるため、いざという時に活用してみてはどうだろうか。

関連記事
世界中のApple Store (日本含む) が3月27日まで閉鎖 – 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため
Apple Store、4月前半に営業再開か 新型コロナウイルスの影響が小さな地域から

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。