Appleからワイヤレスゲームコントローラーが発売!意外と使いやすそう!

昨日新型Apple TV(第4世代)の販売予約が開始されたが、それと同時にアクセサリーである「Siri Remote」「Remote Loop」の予約も始まった。

ゲームコントローラーの販売も開始

steelseries-nimbus1

Appleはこれらアクセサリーの他にも新しくゲームコントローラー「Steel Series Nimbusワイヤレスコントローラー」の販売を開始した。

このコントローラーは新型Apple TVやiOSに対応しているとのこと。本体とはBluetooth(Bluetooth 4.1に対応)で接続を行い、充電はLightningケーブルを使用する。

Steel-series-nimbus2

Steel-series-nimbus3

特に新型Apple TVはApp Storeに対応したため、ゲームをダウンロードしTVで楽しむことができる。一人だけでなく家族や友人と楽しむためにはコントローラーが必要不可欠だ。

Xboxのようなゲームコントローラー

ボタンはA、B、X、YボタンとL1、L2、R1、R2トリガーを搭載。スティックは左スティックと右スティック、十字キーを搭載しているため多種多様なゲームに対応することができる。

一見、Xboxコントローラーと間違ってしまいそうなフォルムをしているが、よく見るとスティック部分と十字キーの位置が違う。XboxやPS4といったコンシューマーゲーム機と接続できるかは不明だ。

また、リチウムイオン電池を内蔵しており、フル充電することで40時間以上の連続使用が可能だそうだ。価格は8,400円(税別)。

購入予約はApple公式サイトから可能だ。

[ via Apple ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。