Apple、watchOS 2.0.1を公開!バッテリー性能の改善や複数のバグ修正

watchOS2

本日Appleから、watchOS 2.0.1のアップデートが公開された!
今回のアップデートでは、バッテリー性能の改善や多数のバグの修正が行われた。

watchOS 2.0.1の詳しいアップデート内容は、以下のとおり。

Apple Watchをアップデートするには、ペアリングしたiPhoneがWi-Fiを接続していることに加えて、Apple Watchが充電器に接続されており、バッテリーの残量が50%以上になっていないとアップデートできないので注意しよう。
•ソフトウェア・アップデートが停止することがある問題を修正
•バッテリーのパフォーマンスに影響していた問題を修正
•管理対象のiPhoneで、iOSの“カレンダー”のイベントをApple Watchに同期できない問題を解決
•位置情報が適切にアップデートされないことがある問題に対処
•Digital Touchで、電話番号ではなくメールドレスから送信されることがある問題を修正
•Live Photoを文字盤として使っている時に不安定になることがある問題に対処
•Siriを使って心拍数を計測しているときに、センサーが無期限にオンになる問題を解決

またwatchOS2のアップデートと同時にiOS 9.1とMac OS X El Capitan 10.11.1のアップデートも行われているのでそちらも確認してほしい。

watchOS2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう