AppleのARヘッドセットはiPhoneを置き換える存在に?2022年第4四半期に登場との噂

Appleが世界一の企業まで成長することができた大きな要因のひとつとして、「iPhoneの成功」 が挙げられる。iPhone以外にもApple Silicon MacやApple Watch、AirPodsなど革新的な製品で市場をリードしてきたAppleだが、iPhone以上に注目される製品はAppleは持ち合わせていない。

そのiPhoneも毎年アップデートを重ね性能を向上させてきたが、最近では進化の頭打ちに直面しており、市場を驚かせるような変化は遂げていない。Appleは次なるヒットを求めて新しい分野の開拓を行なっていると以前から報じられている。

そのネクストターゲットとなる製品は、ARヘッドセットになるのかもしれない。TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、AppleがARヘッドセットを開発しており、10年以内にiPhoneを置き換える存在にすることを計画していると伝えた。

AppleのARヘッドセット、10年以内にiPhoneを置き換える存在に?

Ming-Chi Kuo氏によれば、Appleは同社初のARヘッドセットを2022年後半に発売するとのこと。iPhoneやMacに接続することなく、スタンドアローンで動作できる設計になっているとのこと。また、Appleは同ARヘッドセットで幅広いアプリケーションをサポートすることで、iPhoneに代わるデバイスになり得る存在にするという。

Appleが開発するARヘッドセットには6〜8個の光学モジュールが搭載され、連続したビデオシースル型ARサービスが提供できるとのこと。また、ソニーの4KマイクロLEDディスプレイが2枚搭載され、VR体験もサポートするという。

これらを実現するため、ヘッドセットには2つのプロセッサが搭載される必要があるとKuo氏は説明する。2つのプロセッサが搭載される理由について、Kuo氏はヘッドセットに搭載されるセンサーには高い演算能力が必要であることを挙げている。

iPhoneの場合は3つの光学モジュールの動作で済んでいるが、Appleが計画するARヘッドセットの場合は6〜8個の光学モジュールが必要となり、ひとつのプロセッサでは十分ではないという。

2つのプロセッサのうち片方は、MacBook AirやiMacに搭載されている 「M1」 と同等の性能を持つ高性能チップになる予定で、もうひとつはセンサー管理用のローエンドプロセッサが搭載されるという。

Kuo氏は同ヘッドセットの発売時期を2022年第4四半期としており、量産が2022年第2四半期に開始されると伝えている。ただし、米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏は発売時期について2022年第4四半期〜2023年と伝えていることから、発売時期についてはまだ不透明であると考えた方が賢明だろう。

Facebookが社名をメタに変え、メタバース分野に注力することを表明してからというものの、ARやVR分野はテック業界の注目トピックになりつつある。果たしてそのストリームの中で、AppleのARヘッドセットはiPhoneの次を担えるヒット商品になれるのだろうか。

関連記事
AppleのAR・VRヘッドセット、全機能の利用にはAppleデバイスとの接続が必要か
AppleのMRヘッドセットには高度なアイトラッキング機能が搭載か。生体認証は虹彩認証?

(via MacRumors)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。