次期macOS、メッセージアプリのCatalyst版の提供が開始か。ステッカーやエフェクト送信が可能に?

現在、AppleはiOS、iPadOSそしてmacOSアプリの共通化を図ろうとしている。

昨年、同社が発表した 「Mac Catalyst」 を利用することでiPadOS向けアプリをmacOSに移植することが可能になっており、Appleも一部純正アプリの “Catalyst化” を果たしてみせたが、今年はメッセージアプリのCatalyst版の提供を開始する予定のようだ。

海外Apple系メディア9to5Macが現地時間5月23日に伝えた。

次期macOSでメッセージアプリのCatalyst版が導入か

9to5Macは、リークされた 「iOS 14」 のビルドから次期iOSに関する様々な情報を発掘している。その中でmacOS向けCatalyst版メッセージアプリの提供が控えている証拠を発見したという。

Catalyst版のメッセージアプリが存在するということは、Appleは近いうちにMacのメッセージアプリをCatalyst版に置き換える可能性があるということになる。

また、9to5MacによればCatalyst版メッセージアプリにはiOS版で利用できる拡張機能、ステッカー、メッセージエフェクトなどが同梱されているとのこと。これらの機能がついにmacOSで利用できるようになるのかもしれない。

このCatalyst版メッセージアプリの導入は早くて来月22日から開催されるWWDC 2020で発表される可能性がある。もし同イベントで発表されたなら、今年秋にリリースされる次期macOSで導入されることになるだろう。

ちなみにMac Catalystとは、Appleが2019年に発表したiOS・iPadOS向けアプリをmacOSに移植を簡易化させる機能。各OS同士の垣根を低くすることで、iOSアプリの開発者がMac用のアプリを提供しやすくなり、開発者の負担を減らすことを目的としている。昨年、Appleも自らボイスメモ、ポッドキャスト、株価、ミュージック、ホーム、ニュースアプリをCatalyst版に移行させてみせた。

関連記事
iMessage、メンション機能やメッセージの撤回などの新機能が内部でテスト中
Mac版 「Swift Playgrounds」 が配信開始。Mac CatalystによってiPad版を移植

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。