Sabih Khan氏がAppleのオペレーション担当上級副社長に就任 グローバルサプライチェーンを管理

6月27日、Appleはチーフ・デザイナーJony Ive氏がAppleを離れるという衝撃的な発表をすると同時に、同社のオペレーション担当上級副社長にSabih Khan氏が就任したことを発表した。

Appleのオペレーション担当上級副社長にSabih Khan氏が就任

Sabih Khan氏は、Appleのグローバルサプライチェーンを担当する。高い製品品質を維持するだけでなく、製品の製造や各部品調達など物流に関する業務の統括を行う。

さらに、Appleのサプライヤーへの責任として各生産拠点の労働者の教育なども担当する。

ちなみに、Appleからの退職を発表したJony Ive氏のチーフ・デザイン・オフィサー (最高デザイン責任者) の役割は、最高執行責任者(COO) Jeff Williams氏が実質的に引き継ぐことになっている。

直属となるインダストリアルデザイン担当副社長Evans Hankey氏とヒューマンインタフェースデザイン担当副社長Alan Dye氏がデザイン部門を直接的に担う予定であるようだ。

Jony Ive氏は2019年後半にAppleを退社し、自らのデザイン会社 「LoveFrom」 を立ち上げる予定で、Appleを主顧客として今後もAppleの製品デザインに関わっていくとみられる。

関連記事
AppleのチーフデザイナーJony Ive氏が退職し自らのデザイン会社を設立 Appleは同会社の優先顧客に
AppleのAngela Ahrendts氏が今年4月で退職へ 小売部門は人事担当のDeirdre O’Brien氏が兼任

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。