Samsung、2017年からAppleに有機ELディスプレイを供給開始か

iPhone」に有機ELディスプレイが搭載されるのは、2017年に発売される「iPhone 7s / 7s Plus」で確定なのかもしれない。

本日、Samsung Displayは2017年からAppleに対し、OLED(有機EL)ディスプレイの供給を始めるようだと、The Korea Heraldが伝えている。

有機ELディスプレイが採用されるのは「iPhone 7 Plus」のみ?

The Korea Heraldによると、Samsung DisplayはAppleに対し5.5インチサイズの「有機ELディスプレイ」の供給を、2017年から行う契約を締結した可能性があると伝えている。同契約は、約26億ドル(約2,860億円)規模になる見通しで、年間100万枚のディスプレイを供給することになるとのこと。

iphone7concept02161

供給が開始になるのは2017年から。つまり、今年発売になる「iPhone 7 / 7 Plus」では採用されず、来年発売の「iPhone 7s / 7s Plus」からということになる。

さらに、今回AppleとSamsung Displayの間で契約したとされているのは、5.5インチディスプレイのみ。つまり、新たに4.7インチ用ディスプレイも供給されない場合、有機ELディスプレイが採用されるのは「iPhone 7s Plus」だけということになる。

さすがにディスプレイに関しては同じものを搭載すると個人的には思っているので、いずれは4.7インチモデル用有機ELディスプレイを調達するとは思うのだが、もし、有機ELディスプレイが「iPhone 7s Plus」だけに搭載されたら、僕だったら買うのは同端末の一択になるだろう。

iphone7concept02162

従来のLCDディスプレイの代わりに有機ELディスプレイが搭載されることで、ベゼル部分を狭くしたり、端末の厚さを薄くすることができるようになる。また従来のディスプレイよりもハッキリとした色が表現できることで、より綺麗な画面を実現することができる。省電力化にも一役買う可能性もあるとのことだ。

つまり、有機ELディスプレイを搭載した場合、「iPhone」は劇的に進化する可能性がある。それが今年発売の「iPhone 7」ではないのが少し残念なところだが、有機EL搭載の「iPhone」を想像するだけで楽しくなってくる。早く来年になってくれないかな。

【関連】Apple、次世代iPhoneで有機ELディスプレイを搭載は確定的か Samsungと契約を結んだとみられる

[ via MacRumors ]

iphone7concept02161
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう