Apple、一部の招待ユーザーに 「watchOS 6」 ベータ版を配信

現地時間6月24日、Appleはパブリックベータテスター向けにiOS 13iPadOSmacOS Catalina 10.15tvOS 13の各パブリックベータの提供を開始したが、これと同時に一部の招待ユーザーに対して、watchOSのベータ版を配布していることがわかった。海外メディアAppleInsiderが報じた。

「watchOS 6」 ベータ版が一部ユーザーに配布

Appleは、iOSやmacOSなどの各種ソフトウェアのベータ版を開発者とパブリックベータテスター向けに配信しているが、watchOSについては開発者向けベータしか用意されておらず、一般ユーザーはベータ版を利用することができない。

ただし、今回Appleは一部のユーザーのみを対象とした招待制 「AppleSeedプログラム」 を実施。同プログラムに参加したユーザーは 「watchOS 6 beta」 をインストールしテストすることが可能だという。

一部ユーザーに配布された招待状

「AppleSeedプログラム」 への招待はメールで行われており、参加すると同プログラム経由で 「watchOS 6 beta」 が提供される。参加者にはフィードバックアシスタントアプリを利用して同ベータ版の不具合等を報告することが求められるというほか、ディスカッション用の掲示板も用意されたり、アンケートへの回答が求められることもあるようだ。

どういった基準で、「AppleSeedプログラム」 への招待を送っているのかは不明だが、「watchOS 6」 は 「iOS 13」 を必要とするため、Apple Beta Software Program (パブリックベータテスト) 利用者に対して送付しているのではないかと想定される。

ちなみに、同テストに参加した場合、開発者向けベータ版やパブリックベータテスト向けベータ版と同じく、秘密保持契約(NDA) の対象となるとのことだ。また、開発者向けビルドとは異なる可能性があるとAppleInsiderは指摘している。

関連記事
「watchOS 6」 新機能まとめ App StoreがApple Watchにやってくる
「プライドエディション スポーツループ」 レビュー | Apple Watchの虹色バンド2019年モデル

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。