Apple、「マイフォトストリーム」 7月26日に提供終了。「iCloud 写真」 への移行を推奨

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは、2023年7月26日をもって 「マイフォトストリーム」 のサービスを終了する。Appleのサポートページ内にて、同サービスの終了をアナウンスするとともに、「iCloud 写真」 への移行を推奨している。

マイフォトストリームのサービス終了について – Apple サポート (日本)

マイフォトストリーム、7月26日をもってサービス終了へ

「マイフォトストリーム」 は、過去30日間にiPhoneで撮影した写真をiCloudにアップロードすることで、他のiPhoneやiPad、Macなどで閲覧できるサービス。利用料は無料。

アップロードできる写真の枚数は最大1,000枚で、1,000枚まではiCloudの容量は消費しないものの、1,000枚の上限を超えた場合は古い写真から自動的に削除される仕様になっている。

Appleは、「マイフォトストリーム」 を2023年7月26日に提供終了する予定。同サービスの終了に向けて、新しい写真のアップロードは2023年6月26日に停止する。同日までにアップロードされた写真はすべて、アップロードされた日から30日間iCloudに保存されるが、7月26日以降はiCloudに残っている写真はなくなってしまう。ただし、少なくとも1台には写真は残る仕組みなため、データが手元から完全に消失してしまうということはない。

Appleは本サービスの利用者に対して、「iCloud 写真」 の使用を推奨している。「iCloud 写真」 は 「マイフォトストリーム」 とやや似た性質を持ったサービスではあるものの、「iCloud 写真」 には 「マイフォトストリーム」 にあった1,000枚の枚数上限はなく、動画も保存対象になるというメリットがある。一方で、「iCloud 写真」 はiCloudのストレージ容量を消費するため、無料で利用できる5GBの容量を圧迫してしまうというデメリットもある。

「iCloud 写真」 は、iOS 8.3以降を搭載したiPhoneやiPad、「OS X Yosemite」 以降を搭載したMacで利用できる。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。