Appleの時価総額が一時3兆ドルを突破、米企業として初。iPhoneとサービス売上増が背景

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月3日の米国株式市場において、Appleの時価総額が一時3兆ドル(約340兆円)を超えた。米企業で時価総額3兆ドルを超えたのは、Appleが初。

3日のApple株価は一時、前週末比約3%高となる182.88ドルとなり、上場来高値を更新した。その後は上げ幅を多少縮小し、最終的には2.5%高となる182.01ドルで引け、時価総額は2.99兆ドルとなっている。

image via Google Finance

Appleの株価上昇の背景には世界的な資金余剰があるとみられる。これまでは米連邦準備理事会 (FRB) による量的緩和などの環境が後押しする形で株価を上げてきたが、直近ではの量的緩和の縮小、および利上げ予測によるリスクヘッジ先としてAppleなど安定的に成長する銘柄に投資が集中しており、AppleだけでなくAmazonやMicrosoft、Alphabet (Google)、Metaなどにも投資資金が集中し、株価が押し上げられている。

最も早く時価総額3兆ドルに達したAppleは、iPhone 13シリーズの販売が好調であること、そしてApp StoreやApple Musicなどのデジタルサービス部門が順調に伸びていることが投資家たちから好感されている。また、新たにARやVR、自動運転車開発の噂に対する期待感も、株価上昇につながっているようだ。

関連記事
Apple、2021年第4四半期決算を発表。29%増収達成も半導体不足が重石となり市場予測を下回る
2022年に発表されるApple新製品の情報・スペックまとめ。発売時期も予想してみた

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。