スイスのApple Storeで発煙騒ぎ 「iPhone 6s Plus」のバッテリーから煙が上がった模様

スイスのチューリッヒ中央駅前通りにある「Apple Store, Bahnhofstrasse」で発煙騒ぎがあったようだ。9to5Macによると、店内にあった「iPhone 6s Plus」に内蔵されていたバッテリーから煙が上がり、警察や消防、救急車が駆けつけた。

店内には顧客とスタッフを合わせて50人ほどいたが、店内の避難誘導はかなりスムーズに行われ、幸いなことに怪我人は少なかったとのこと。

煙が上がった問題のバッテリー

店内にいたスタッフ(おそらくGenius Barの方)がデバイスから問題のバッテリーを取り外す際に軽度の火傷を負った。また、バッテリーから上がった煙を吸い込んだ6人を含めた7人が現場で手当てを受けたが、入院など病院での治療を受けるには至らなかったそうだ。

消防はバッテリーを砂で覆い、煙の発生を止めたという。バッテリーから煙が上がった原因はまだ特定されておらず、チューリッヒ法医学研究所が問題の原因究明に取り掛かっているとのこと。

【UPDATE】発煙元が判明したので記事内容を一部修正しております。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「iMac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。