Apple、12月8日から一部製品のサポート終了へ iPod TouchやMacの多くが対象

apple-obsolete

9to5Macによると、Appleは今年の12月8日をもって、一部製品のサポートを終了することが決まったようだ。

2009年以前の製品は要注意

iMac」や「MacBook」シリーズを含む多数の製品のサポートが終了することがわかった。

Appleは、製造停止から5年以上7年未満の製品のことを「Vintage:ビンテージ」、7年以上の製品のことを「Obsolete:オブソリート」と設定し、そのステータスによってサポートの対応が変わる。

今回数多くの製品が「オブソリート」に設定されるため、手元にあるApple製品の一部はサポートを受けられなくなる可能性が出てくる。

サポートを受けられなくなった場合、Apple Storeなどでの修理やサービスを受けることができなくなるため、もし自分の端末がサポート外になるものだったら早めに修理等してもらうか、最新の製品への買い換えを推奨する。

ステータス変更は12月8日に行われるため、もしサービスを受けるようだったらお早めに!

以下、該当する製品

iMac (21.5-inch, Late 2009)
・iMac (27-inch, Late 2009)
MacBook Air (Mid 2009)
Mac Pro (Early 2009)
MacBook (13-inch, early 2008)
・MacBook Pro (15-inch, early 2009)

・iBeats
・Beatbox
・Beatbox Portable (1st generation)
・Wireless (1st generation)
・Diddybeats
・Heartbeats (1st generation)

・Apple Cinema Display (23-inch, DVI Early 2007)
・Time Capsule 802.11n (1st Generation)
iPod touch (1st Generation)

他の製品の現在のステータスについてはこちら

[ via 9to5Mac ]

apple-obsolete
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう