Apple、iPhoneを非接触決済端末にする 「Tap to Pay on iPhone」 発表。米国で2022年後半に提供開始

現地時間2月8日、AppleはiPhoneを非接触型決済端末として機能させられる機能 「Tap to Pay on iPhone」 を2022年後半より提供すると発表した。

 「Tap to Pay on iPhone」 は、iPhoneに搭載されているNFC機能を活用した機能で、小売店などお店のiPhoneに、クレジットカードなど非接触決済に対応したものをかざすことで支払いが可能になるというもの。

利点は、ハードウェアを追加することなく非接触決済が可能になるという点。iPhoneさえあれば非接触決済を受け入れることが可能になる。受け入れられる決済方式は非接触型決済に対応したクレジットカード、デビットカードやそのほかのデジタルウォレット。Apple Payを使用したクレジットカードの決済も可能だ。

同機能が利用できるのは、iPhone XS以降のデバイスとなる。サービスを提供するのは米国のみ。2022年春にStripeが最初の決済プラットフォームとして導入し、ShopifyのPOSアプリなどで顧客に提供予定。2022年後半には他プラットフォームやApple Storeでも展開が始まるとのこと。日本などほかの国で展開されるかどうかについては現時点では明らかにされていない。

関連リンク:Apple unveils contactless payments via Tap to Pay on iPhone – Apple

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。