台湾メディアがAppleのARグラスの開発終了を報じるも著名開発者がその噂に反論 AppleはARグラスの開発をやめていない?

Appleが極秘裏に開発していた独自のARグラスが開発をやめた可能性があることがわかった。台湾メディアDigiTimesが11日報じた。

DigiTimesはAppleのARグラスの開発が終了したことを報じた。同メディアのレポート記事は一般公開されていないものであるため記事の詳細をお伝えすることはできないが、通常であれば24時間以内に一般公開されるため、同日中にはレポートの詳細が明らかになる見通し。

ARグラス開発中止の報道に著名開発者が反論

しかし、このDigiTimesの報道について反論している人物がいる。その人物とは、これまで各種OSのベータ版からAppleの次期製品やサービスに関する事柄を見つけ出し、世間にその内容を伝えていた著名開発者Steve Troughton-Smith氏(@stroughtonsmith)。

彼は今秋正式リリース予定の 「iOS 13」 のベータ版 「iOS 13 beta」 の中から、数々のARグラスに関する “証拠” を発見していることを明らかにし、AppleがARグラスの開発を終了したとは思えないと発言している。

DigiTimesはおそらくサプライチェーンからの情報を伝えており、Steve Troughton-Smith氏はAppleのOSの中から得た情報をもとに発言している。現時点でどちらが正しいのかは不明で、どちらの話も決してありえなくはない。

Appleは本当にARグラスの開発をやめたのか

数年前から、Appleは 「AR分野」 に注目している。CEOティム・クック氏は、AR(拡張現実)分野に興味があると発言したことがあり、ARに関連した新製品やサービスが登場することが予想されてきた。

実際、AppleはiPhoneやiPadにAR機能を多数投入。また、顔認証機能 「Face ID」 を使ったAnimojiやMemojiといったユニークな機能も実装された。2020年に発売する次世代型iPhoneには背面にToFカメラ(三次元情報を光の飛行時間を利用して計測するカメラ)が搭載される可能性も報じられている。

そして、今回の話題であるARグラスについてはTF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏Bloombergの名記者Mark Guaman氏らが、「早くて2020年に発表される」 と投資家レポートで伝えていた。やはり、AppleはAR関連の開発を積極的に行っている。

これらの状況を踏まえ、Steve Troughton-Smith氏を含め、AppleがARグラスの開発を終了したという報道をやや懐疑的に見ている人も多いようだ。それは、これまでのDigiTimesの報道実績を考慮してのことかもしれない。他ソースから同様の情報が出てこない限りは、現時点ではSteve Troughton-Smith氏の方が信憑性はありそうだ。

関連記事
Appleが開発中と噂の「ARグラス」、コンセプト画像が公開
Apple、複数のARグラスをテスト中 Snapchatの「Spectacles」のように立体視カメラを搭載した試作機も

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。