やはりAppleは紛失防止タグを開発中か 「iOS 13」 に関連記述が見つかる

今秋リリース予定の 「iOS 13」 に、噂の紛失防止タグに関する記述が存在することがわかった。やはり、Appleは独自の紛失防止タグを秘密裏に開発しているようだ。

これを伝えているのは、開発者のSteve Moser氏。彼は先日開発者向けに公開されたばかりの 「iOS 13」 のベータ版の中を探り、「Tag1,1」 という謎のデバイスの情報が存在することがわかったと報告した。また、9to5Macの記者であり自ら開発者でもあるGuilherme Rambo氏も同記述を発見している。

Appleはやはり紛失防止タグを開発中?

この紛失防止タグは、iPhoneに近づけてペアリングする仕組みになっているとのこと。HomePodやAirPodsのようなイメージだ。

同紛失タグは 「Tile」 のように財布やペンケースなど様々なアクセサリに取り付けることができる。ユーザーのiCloudアカウントと同期する形で管理し、iPhoneから一定距離を離れるとiPhoneなどに通知がくるシステムになっていることが予想されている。盗難や紛失を防ぐことができそうだ。

ちなみに、今回公開された 「iOS 13 beta 1」 の中には、同紛失タグの外観を表す画像が含まれていたとのこと。実際の製品ではなく開発中のサンプルである可能性もあるが、少なくともAppleが自ら紛失防止タグを開発している証拠であるとは言えそうだ。

この紛失防止タグがいつ発表されるのかは不明だが、今回の 「iOS 13」 のベータ内で発見されたことから、早くて今年9月の新製品発表イベントで新型iPhoneと同時に発表されることが期待される。

関連記事
「iOS 13」 新機能まとめ ダークモード実装、Sign in with Appleでセキュリティを保ちつつ簡単ログインなど多数
「iOS 13」 と 「iPadOS」のサポート端末まとめ iPhone 5sとiPhone 6シリーズがサポート外に
Apple、「iPhoneを探す」と「友達を探す」 の統合アプリを準備中か 紛失防止タグを開発中との情報も

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。