Appleの定額制映像配信サービス 「Apple TV+」 がスタート。Apple製品購入者は1年間無料で視聴可

11月1日、Appleは定額制映像配信サービス 「Apple TV+」 の提供を開始した。各Appleに配信されている 「Apple TV」 アプリから視聴することが可能。当初は11月2日(日本時間)サービス開始とアナウンスされていたが提供が早まったようだ。

Apple TV+の提供が開始

「Apple TV+」 は、今年3月に発表されたApple独自の映像配信サービス。Appleが自ら投資し製作したオリジナル作品が主な配信コンテンツとなっていて、サービス開始当初は以下の8作品を視聴可能だ。コンテンツは毎月拡充される予定。

  • ザ・モーニングショー
  • SEE ~暗闇の世界~
  • ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~
  • フォー・オール・マンカインド
  • ゾウの女王:偉大な母の物語
  • Helpsters 〜お助けモンスターズ~
  • ゴーストライター
  • スヌーピー 宇宙への道

サービス提供国は100国以上、約40ヶ国語の字幕と8ヶ国語の副音声が用意されている。利用料金は月額600円だが、2019年9月10日以降にApple製品(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV)を購入したユーザーは1年無料で視聴できる。

関連記事
定額制動画配信サービス 「Apple TV+」 は月額料金600円、11月1日サービス開始 Apple製品購入者は1年間無料で利用可能

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。