Apple、3月25日のスペシャルイベント開催がより濃厚に 独自のビデオ配信サービスは2019年夏もしくは秋ローンチか

これまでの報道から、Appleが3月25日にスペシャルイベントを開催し、複数の定額制コンテンツ配信サービスを発表するのはほぼ確実と考えていいだろう。

用意されている定額制配信サービスは 「雑誌・ニュース」 、そして 「映像コンテンツ」 の大きく分けて2種類。このうち雑誌・ニュースの定額制配信サービスは 「2019年春」 、そして映像コンテンツの配信サービスは 「早くて4月~5月、遅くても2019年夏」 と報じられていたが、この映像コンテンツ配信サービスの開始時期について、米メディアVarietyは 「2019年夏もしくは秋」 と少々違った情報を持っているようだ。同メディアは2月14日付で報じた。

定額制映像サービスのローンチは早くて2019年夏

Appleが3月25日にスペシャルイベントを開催するという話については、これまでもBloombergBuzzFeed News、The Wall Street Journalなど米国の主要メディアが報じているが、さらに2月14日(現地時間)に米メディアVarietyが同様の情報を報じている。

スペシャルイベントでは雑誌やニュース、映画やドラマなど独自の映像コンテンツを配信するサブスクリプションサービスが発表されるものとみられている。しかし、これらのサービスの開始時期については依然として確定的な情報は存在しない。

このうち雑誌とニュースの定額制配信サービスについては、開発者向けにリリースされている 「iOS 12.2 beta」 で準備が進められていることが確認されており、今春リリース予定の 「iOS 12.2」 の正式配信をもってサービス提供が開始される、というのが濃厚だ。おそらく 「iOS 12.2」 は3月のイベントと同時にリリースされるだろう。

ただし、映像コンテンツ配信サービスの開始時期についてはまだ確定的な情報はない。一部メディアでは 「早くて4月~5月、遅くても2019年夏」 とも伝えられていたが、Varietyは 「2019年夏もしくは秋」 と報じている。複数メディアがそれぞれ異なる情報を伝えていることから、現時点ではどのメディアの情報が正しいのか分からない状態となってしまっている。

ただしこれらの情報から確実に言えることは映像配信サービスは来月末に披露されることになるということ。すでにAppleは今回のスペシャルイベントに複数のハリウッドスターと敏腕映画プロデューサーを招待していることが明らかになっており、Apple側の準備は万端だ。

ちなみに、今回のスペシャルイベントは定額制配信サービスに焦点が当てられており、新製品の発表はないとされている。現状、AppleはiPad(第7世代)、iPad mini 5、AirPods 2、そして純正ワイヤレス充電器のAirPowerの発売を控えているとされる。

もしかすると、新製品発表イベントで大々的に披露されることはなくても、Apple公式サイトのアップデートと同時に販売を開始する可能性は依然として残されている。これらの新製品に期待している方は3月のイベントはぜひ注目しておきたいところ。

ただし、AirPodsの新型モデルに関しては少し希望は薄いかもしれない。なぜなら大ヒットを記録しているデバイスの新型モデルの投入をサイレントで行うのはAppleにとってもあまりに勿体ないからだ。もしかすると、今回のイベントで投入されるのはAirPodsのワイヤレス充電対応ケースのみで、第2世代と言うべき新型AirPodsが投入されるのはまだ先になるのかもしれない。

関連記事:AirPodsのワイヤレス充電対応ケースはまもなく登場 新型モデルの発売は2019年秋、黒モデルも同時期に 著名リーカーが伝える

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。