「Apple Watch 2」は今年秋頃に発表? 部品の注文数はかなり多い様子

apple-watch-2-design5

「今年のWWDCはソフトウェアの年になる」と噂されていた通り、今回の「WWDC 2016」では新製品の発表は一切行われず、「MacBook Air / Pro」や「Apple Thunderbolt Display」などの期待の新モデルのお披露目は残念ながらお預けとなってしまった。

過去には、「WWDC 2016」で発表が予想されていた製品の中に「Apple Watch 2」も含まれており、僕としてはかなり期待していたのだが、こちらも発表はなし。今回発表されなかったとなれば、9月の発表会でのお披露目となるのか、それとも来年になるのか。そんな中で興味深い情報が入ってきた。

Digitimesによると、Appleは、2016年後半に発表すると噂されている「Apple Watch 2」用の部品の調達を強化しており、これらの部品の出荷時期を第3四半期に予定していることが明らかになった。

Appleは「Apple Watch 2」にかなり自信あり?

Digitimesがサプライチェーンの情報筋から入手した情報によると、「Apple Watch 2」用の部品の注文数は「Apple Watch」の時よりも多く、計算すると毎月200万台ほどの製品を出荷することができるほどの量が注文されているようだ。

また、これらの部品の出荷時期は第3四半期に予定されているとのこと。

apple watch

現時点では「Apple Watch 2」に関する噂としては「現行モデルよりも薄くなる」くらいの情報しかなく、一体どのような進化を遂げるのかは全く分からないが、これほどの量の部品が注文されていることを考えると、Appleは「Apple Watch 2」に相当自信があるのかもしれない。

部品の出荷時期から推測するに、「Apple Watch 2」が発表されるのは今年の秋〜冬頃になるのだろうか。その頃というと、「iOS 10」や「macOS Sierra」などの新OSのリリースや「iPhone 7」の発表などがあることも予想されるので、今年の後半はApple祭りになりそうだ。

[ via Digitimes ]

apple-watch-2-design5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう