次期Apple Watchは睡眠トラッキングが新機能?Series 4のマイナーアップデートモデルが登場予定との情報

今月10日、Appleは新型iPhoneを発表するイベント  「By Innovation Only.」 を開催するが、同イベントでは新型Apple Watchに関する発表も予定されている。

この新型Apple Watchは、現時点ではとてもリーク情報が少ないこともあり、今年は次世代モデル(=Apple Watch Series 5) が登場しないとの予想がある。一方で、Apple Watchに完全なる新型モデルが存在しないわけではなく、発表されるのはApple Watch Series 4の新オプション 「チタン」 「セラミック」 モデルが登場するという噂も存在する。

実際には後者である可能性が濃厚との見方が大きいが、しかし、新たに発表されるApple Watchにはこれまでにない新機能が追加される可能性が出てきた。海外のApple系メディア9to5Macによれば、9月10日に発表されるApple Watchには睡眠トラッキング機能が実装される予定だという。内部者の情報を独占で伝えた。

Apple Watchに睡眠トラッキング機能が実装か

9to5Macの情報源によれば、今回の新型Apple Watchには睡眠トラッキング機能が搭載される可能性があるという。

この機能の社内でのコードネームは 「Burrito」 。Apple Watchは心拍数や環境音センサー、加速度センサーなど複数のセンサーを使用することで、装着者が眠っているかどうかを判断。Apple Watchを装着したままベッドに入り眠りにつくと、「Time in Bed tracking (ベッドでの時間のトラッキング)」 を計測することができるという。計測した睡眠データはヘルスアプリやApple Watch用に用意される新しい 「Sleep (睡眠)」 アプリに記録される仕組みになっているとのこと。

多くのユーザーはApple Watchを睡眠中に充電することを習慣としているだろう。そこで問題となるのが 「いつ充電すればいいのか」 ということ。この問題を解決するために、Appleはユーザーが夜寝る前にApple Watchを充電するよう促す通知機能を開発したという。

さらに就寝中、常にApple Watchを腕に装着するシチュエーションを利用して、Apple WatchはiPhoneの代わりに目覚まし時計機能を担うという。朝目覚める時間に、Apple Watchが振動もしくは目覚ましアラームが鳴る仕組みになっている。また、快適な睡眠を提供するため、ユーザーが眠りについたら自動的にサイレントモードに切り替わるスマート機能も採用されるという。

9to5Macは次世代Apple Watch (=Apple Watch Series 5) が登場するか、しないかについては直接的に言及はしていないものの、この新機能の登場などこれまでのリーク情報を考慮すると、Appleは現行モデル (Apple Watch Series 4) のマイナーアップデートモデルが登場する可能性を指摘している。

実際はどうなのかは不明だが、いずれにしてもあと約1週間後にはその答えは明らかになりそうだ。

Appleのスペシャルイベントは現地時間9月10日(火)午前10時から、日本時間では2019年9月11日午前2時から開催される予定。当サイトではイベントで発表された内容を速報でお伝えする。Appleの新サービス・新製品が気になる方はぜひ当サイトの更新をチェックしていただきたい。

関連記事
2020年のApple Watch、睡眠トラッキング機能が搭載か
Apple、人気の睡眠トラッカーアプリを開発する「Beddit」を買収 将来的にApple Watchには睡眠トラッキング機能が搭載か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。