Apple、「watchOS 2.1」を正式にリリース!新言語への対応やバグ修正がメイン

watchOS2

Appleは本日、Apple WatchのOS「watchOS 2.1」を公開した!

新しい言語への対応と、バグ修正がメイン

今回のアップデートでは、デベロッパーたちには前もって公開されていたものと変わらない内容になっている。

多くの言語へ新しく対応した他、数々のバグが修正されているので、確認してほしい。

主な変更については以下の通り。

・アラビア語、チェコ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、マレー語、ポルトガル語、ベトナム語のシステム言語をサポート

・右から左に読み書きする言語のユーザーインターフェイスをサポート

・アラビア語でラテン数字とヒンディー数字間の切り替え機能を追加

・イスラム暦とユダヤ暦の新しいコンプリケーションを追加

・アラビア語(サウジアラビア、UAE)のSiri及び音声入力のサポート

・英語(マレーシア)、チェコ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、ポルトガル語、ベトナム語の音声入力をサポート

・カレンダーコンプリケーションでイベントがアップデートされない問題を修正

・省電力モードで時刻が表示されない問題を修正

・他社製アプリが起動しない問題を修正

・他社製アプリのアイコンが正しく表示されない問題を修正

・システム言語の変更時に動作が不安定になる問題を修正

アップデートは、「Apple Watch」アプリの、[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から行おう。

watchOS2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう