次世代iPhoneはやはり完全防水仕様に?シャッターで浸水防止する特許を取得

以前、Appleスピーカーやマイクから水分を排出するという防水関連技術の特許を取得したことをお伝えしたが、今回新たに防水関連の特許を取得したことが明らかになったのでご紹介。

シャッターが作動して、水の浸入を防ぐ!

今回、Appleが新たに取得した特許は、「iPhone内に水が入ってくるのを感知したら、隙間をシャッターで塞いで水の浸入を防ぐ」というもの。

マイク部分やヘッドフォン端子、スピーカーなどのあらゆる穴から水が浸入する可能性があるわけだが、水が浸入する箇所に水分を感知できるセンサーを配置することで、シャッターを動作させることが可能なようだ。 apple-waterproof-project2 apple-waterproof-project4シャッターが閉まることで、水分の浸入を防ぎ、iPhone内にある大事な基盤やセンサーを保護することが期待される。

apple-waterproof-project3

apple-waterproof-project1

iPhoneの防水化が着実に進んでいる

今回Appleが取得した特許は、先日お伝えした技術よりも、よりシンプルで非常に分かりやすい技術だ。ただ全ての穴を塞ぐというのはコストの面からあまり現実的ではないような気がする。

基本的には筐体のほとんどの箇所を塞いだ後に、基盤部分など大事な箇所だけに設置する、といった使い方になるのではないかと個人的には想像するが、実際はどうだろうか。

Appleは、「iPhone 6s / 6s Plus」からシリコン製のガスケットを導入し、防水性能を向上させている。完全防水とは言えないものの、検証テストでは長時間水に入れても動作することが確認されている。

着実に防水へと進化しているiPhoneだが、次回以降のiPhoneでは、完全防水仕様のiPhoneを拝むことができるようになるかもしれない。

[ via AppleInsider ]

apple-waterproof-project2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう