AppleはまだAirPowerの開発を諦めていない?遠距離ワイヤレス充電技術も検証中と米記者

iPhone、AirPods、Apple Watchの3台を同時に充電できると注目を集めた、Appleのワイヤレス充電器 「AirPower」 。多くのユーザーが期待した夢のワイヤレス充電器だったが、2017年の発表から2年経った2019年3月に開発中止が正式に発表され、多くのユーザーが落胆した。

その後も開発が秘密裏に継続されていることが報じられていたが、最終的にAppleはAirPowerの開発を断念している (MagSafe充電器の開発だった可能性もあるが……)。

しかし、米BloombergのMark Gurman記者によれば、Appleは依然として、AirPowerのように複数デバイスを同時に充電できるワイヤレス充電器を模索しているとのことだ。以下、詳細。

AirPowerのように複数デバイスを同時充電できるワイヤレス充電器を模索中?

この情報は、Mark Gurman氏がBloombergで公開した、iPadに関する最新レポート記事の中で触れられたもの。

Appleは、”以前失敗したAirPowerと同じように機能するワイヤレス充電器をまだ模索している” という。具体的にどのような製品を検討しているのかは不明だが、やはりAppleはAirPower実現の “夢” を諦めていないのかもしれない。

また、Appleは遠距離ワイヤレス充電技術に関しても社内で調査を行なっていると、Mark Gurman氏は伝えている。これは従来のワイヤレス充電器のように、充電パッドの上にデバイスを置いて充電する形式ではなく、離れた位置に置いても電波で電力を供給できるものになる。

同技術においては、Appleだけでなく各社実用化に向けて研究を進めている段階で、まだ実用化に至っていない。しかし、遠距離ワイヤレス充電は真のワイヤレス充電が実現でき、”ユーザーは充電する” という行為自体が不要になる。まさに夢の技術。Appleがこれを無視するわけはないだろう。

Mark Gurman氏はもし遠距離ワイヤレス充電にAppleが着手しているとしても、製品化までにはあと数年はかかると指摘している。まだまだ先の話ではあるが、Appleは次世代のワイヤレス充電の実現のため、社内でさまざまな研究開発を進めているようだ。

関連記事
2022年の新型iPad Proはデザイン刷新予定、背面がガラス仕様に。ワイヤレス充電機能も搭載予定
iPad mini 6と無印iPadの新型モデル、早くて2021年後半に発売か。iPad miniはベゼルレス化、iPadは薄型化を実現との情報

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。