Apple、世界エイズデーに合わせて(PRODUCT)RED製品を特集。赤色バンドに合う文字盤7種を配布中

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

12月1日の 「世界エイズデー」 にあわせて、AppleはAIDSや新型コロナウイルスとたたかうグローバルファンドを支援できる(PRODUCT)RED製品の特集ページを公開した。

特集ページでは、iPhone 14シリーズやiPhone 13シリーズ、Apple Watch Series 8などの(PRODUCT)RED製品が紹介されているほか、AppleのAIDSや新型コロナウイルス感染症の対策に関する取り組みについて紹介されている。

アフリカのエイズ対策プログラムを支援する(RED)が発足した2006年から16年間、Appleは同組織とのパートナーシップを続けており、世界エイズ・結核・マラリア対策基金を支援するための製品として、(PRODUCT)REDモデルを年間を通して販売。これらの製品の売上の一部は前述の基金に寄付されている。

Appleがこれまで(RED)を通じて支援した額は約2億5000万ドル “以上”。ちなみに、昨年は約2億5000万ドルと公表していた。

昨年までは、Apple PayでApple製品を購入するごとに、1ドルが世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付するキャンペーンを実施していたが、今年はそのアナウンスは当記事掲出時点では行われていない。

なお、当該特集ページではApple Watchの(PRODUCT)REDバンドを装着したときにピッタリと合う赤色のApple Watch文字盤が7種配布されている。iPhoneからこちらのページにアクセスすることでダウンロードできるため、Apple Watchをお持ちの方はぜひダウンロードを。

関連記事
iPad Pro 2022 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?最大の進化 「M2チップ」 の性能を検証してみた
Apple Watch Ultra レビュー|驚異の56時間バッテリー駆動のタフネスモデル!その使い心地/性能を徹底検証

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。