「WWDC 2020」 は6月1日開幕か Apple社内で暫定的な開催日程が設定されている?

COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大に伴い、Appleは例年6月に開催している開発者会議 「WWDC 2020」 をオンラインで開催することを発表している。

初のオンライン開催となる同イベントは、現時点ではまだ詳しい開催日程がシェアされていないが、とあるリーク者によればAppleは6月1日に 「WWDC 2020」 をスタートさせることを計画している可能性があることがわかった。

「WWDC 2020」 は6月1日に開催?

これを伝えているのは、テクノロジーアナリストのJon Prosser氏。同氏は20日、Appleが 「WWDC 2020」 を6月1日(月)に開催することを暫定的に決めていると同氏のツイッターアカウントで発言した。もしこの情報が正しいならば、日本では6月2日(火)からの開催となる可能性がある。

Jon Prosser氏は最近頻繁にリーク情報を提供していることで有名。しかも、そのリーク情報の精度はかなり高い。新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーの在庫が少なくなっているためか、リーク情報の精度をトイレットペーパーでスケールするのが彼の定番(?)と化しているが、今回の情報はトイレットペーパー5つ分、つまり100%の精度であるとのことだ。

もちろん、あくまで暫定的な日程であるため、今後の状況によっては変更される可能性はあるものの、もしかすると今年、Appleは例年よりも数日早くWWDCを開催することになるのかもしれない。

ちなみにこのJon Prosser氏は、Appleが今週に新製品を発売すること見事的中させていた。他にもいくつかリーク情報に実績があるため、今回の情報もあながち嘘とは言えないだろう。

関連記事
Apple、「WWDC 2020」 6月開催を発表。今年はオンラインで実施

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。