FFの生みの親 坂口博信氏がおくる完全新作RPG『FANTASIAN』前編がApple Arcadeで配信開始

ミストウォーカーの新作タイトル『FANTASIAN』が、Apple Arcade内で配信開始された。Apple Arcadeに加入しているユーザーであれば、追加費用無料で購入・プレイ開始することが可能だ。

『FANTASIAN』Apple Arcadeで配信開始

『FANTASIAN』は 「ファイナルファンタジー」 シリーズの生みの親として知られるゲームクリエイター坂口博信氏が携わったRPGタイトル。

ゲームのフィールドが手作りのジオラマで製作されていて、「あそこに何かありそうだな」 と思ったところに本当に宝箱があったり・・・というようなきめ細かい、丁寧な設計で心がけて開発された。

前編20〜30時間、後編20〜30時間の合計40〜60時間で、前半はストーリー展開に沿って、後半は自由度の高いクエスト方式によってよりオープンに展開するという。ちなみに今回配信されたのは前編のみで、後編は2021年後半にリリース予定。

戦闘はフィールド上のランダムエンカウント方式&ターン式で進行する。特徴的なのは「ディメンジョン・システム」と呼ばれるもので、これはエンカウントした敵を、異次元に吹き飛ばし、そこに溜めていくシステムだという。戦闘せずにフィールドを探索し、好きなときにまとめて戦うこともできる。

ディメンジョンバトルでは、プレイヤーを有利にするギミックが登場するので、うまく使えば爽快感をもって戦闘することができるという。

また、ボス戦は戦略性の高い方向性で制作されており、うまくスキルやアイテムを駆使すれば、低いレベルでも倒すことができるような、考える楽しみをもった戦闘になっている。

ゲーム内の楽曲は、ファイナルファンタジーシリーズで知られる作曲家の植松伸夫氏が、全60曲すべてをこの作品のために書き下ろした。オーケストラの深い音色とシンセサイザーの独特な音源で、FANTASIANの世界を彩る。

『FANTASIAN』は、本日よりAppleの定額制配信サービス 「Apple Arcade」 内で配信されている。

「Apple Arcade」 は、2019年9月に提供が始まったAppleの定額制ゲーム配信サービス。100以上のゲームアプリがApp Storeを介して配信され、いずれのゲームアプリも加入者は追加料金なしでプレイすることが可能だ。

料金体系は月額600円(税込)、もしくは年間プラン6,000円(税込)。最大6人の家族まで同一プラン内で利用することが可能だ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。