Apple、「デジタルナンバープレート」の技術者を社内に迎える

digital-number-plate1 Appleには以前から「Apple Car」の開発が噂されている。ここ最近、テスラをはじめとした複数の会社から自動運転技術のエンジニアの引き抜きが行われており、その開発スピードは早さを増している現状のようだ。

今回明らかになったのだが、もしかするとApple Carに「デジタルナンバープレート」という技術が導入されるかもしれない。

Apple Carに「デジタルナンバープレート」を搭載か

どうやらAppleは、デジタルナンバープレートの開発を視野に入れているらしく、同技術で先行するReviverの役員をエンジニアとして採用したことがこの度明らかになった。

digital-number-plate2

Appleが新たに採用したのはRiver社のRónán Ó Braonáin氏。8月からAppleで働き始め、現在は社内の「Secret Agent」という職種についているとのこと。

おそらくApple Car(社内でのプロジェクト名はTitan)関連のプロジェクトに携わっているものと推測される。

Braonáin氏が働いていたRiver社は「Slate」という「デジタルナンバープレート」を開発した会社であることから、AppleはApple Carに同技術を搭載するかもしれないとのこと。

デジタルナンバープレート
自動車の位置情報や有料道路料金や駐車料金、車のメンテナンス記録などを保存することができる技術。また、ナンバープレートは遠隔操作できるため、ナンバーの変更や表示を自由に変えることができる。例えば「盗難車」や「期限切れナンバー」の表示に変えることで、自動車犯罪を防ぐ効果も。鉄板製のナンバープレートを車所有者に配る必要がないため、経費削減や犯罪抑止力として期待されている。

今後も多数のエンジニアを採用予定のApple

AppleCar

Appleはここ数ヶ月で多くのエンジニアを採用しており、Apple Carの開発を本格化している。

AppleのCEOティムクック氏はテレビ出演した際に、「Apple Carの開発をしているか」と聞かれ、明言を避けつつも否定こそはしなかった。

報道によると、今後もAppleは様々な技術専門家を採用する予定としており、Apple初の自動車技術の開発スピードを上げる予定だ。

[ via MacRumors ]

digital-number-plate1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう