Apple、購入から30日後経過したユーザーにAppleCare+の加入機会を提供へ。製品購入から1年未満で、かつ修理した場合に限り

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

iPhoneやMacの修理が必要になったときに出費を抑えられる便利な保険 「AppleCare+」 。原則では購入から30日以内に加入することができるが、特定の条件付きで30日を経過したあとでも加入できるようになることがわかった。米メディアMacRumorsが伝えている。

Apple、製品購入から30日が経過したユーザーにもAppleCare+の加入機会を提供

購入から30日経過後でも加入できる条件は、Apple StoreもしくはApple正規サービスプロバイダにおいてiPhoneとMacの修理を行った際、製品の購入から1年未満で、かつ修理後に物理的な検査と診断に合格した場合にかぎり加入することが可能だという。

MacRumorsは、以下のシチュエーションを一例として挙げている。

ジョンという人物が新しくiPhoneを購入した。購入した際にはもちろんAppleCare+への加入が可能だったが、ジョンはAppleCare+に加入しないことを決めた。

しかし、ジョンはiPhoneを地面に落としてしまい、画面にヒビが入ってしまった。AppleCare+に加入していないことから、保証対象外の修理料金を支払って修理することになってしまった。Appleはジョンに対して、”今後の修理” が高額にならないように、AppleCare+への加入機会を再び提示した。

このオファーを受けることで、ユーザーはApple製品の2度目以降の修理費用を抑えることが可能になる。オファーはAppleCare+が提供されているすべての国で提供されるとのことなので、おそらく日本でも利用可能になるはずだ。

関連記事
iPhone 13 Pro レビュー | 高性能トリプルカメラでステキな風景を瞬時保存。新プロセッサ&ProMotionテクノロジーで画面動作ヌルサクに
MacBook Pro 2021 レビュー (14インチ, M1 Pro) | まさにモンスター、真のプロのためのラップトップ決定版

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。