「Keynote」「Numbers」「Pages」が全面アップデート!3D Touchに対応!

iworks

本日、AppleはiOS用アプリ「Keynote 2.6」「Numbers 2.6」「Pages 2.6」を公開した。

各特徴について下に記載するので利用している方は、確認してほしい。

全アプリで共通の新機能はこちら

・Slide Over、Split View、ピクチャ・イン・ピクチャを使ったマルチタスクへの対応
・iPadで新しいショートカットバーを使ってフォーマットツールにすばやくアクセス
・iPadで新しいマルチタッチジェスチャを使ってテキストを簡単に選択
・ワイヤレスキーボードの接続中にキーボードショートカットを使用
3D Touchのサポート
・グラフに基準線を追加

Keynoteの新機能

・Keynote ’08および’06のプレゼンテーションを開く
・共有されたプレゼンテーションをiOSとAndroidのブラウザでプレビュー
・縦向きでの編集とプレゼンテーション
・これまでにプレゼンテーションに加えられた変更を表示 / 復元
・新しいビルドアニメーション:線描画
・Appleがデザインした新しいテーマ:モダンタイプ、展示、ドラフト
・「フォント」メニューで、最近使ったフォントに簡単にアクセス
・アラビア語とヘブライ語を双方向で完全にサポート
・グラフ、テキストオーバーフロー、矩形以外のマスク、アニメーションマッピング、およびテーマの読み込み / 書き出しに関するPowerPointとの互換性の向上
・PowerPointへの書き出し機能の向上

多くのアクセシビリティ機能の向上:
・編集中に、フォント名やフォントサイズなど該当するテキストフォーマットの詳細をVoiceOverで読み上げ可能
・VoiceOverで発表者ノートを簡単に編集
・スライドショーでVoiceOverによる発表者ノートの読み上げが可能
・VoiceOverでグラフのデータとグラフの要素を編集
・VoiceOverで行、列、およびセルを追加する / 削除する / 並べ替える
・VoiceOverで表ヘッダ情報を取得
・VoiceOverでコメントを追加 / レビュー

Numbers の新機能

・Numbers ’08スプレッドシートを開く
・これまでにスプレッドシートに加えられた変更を表示 / 復元
・「フォント」メニューで、最近使ったフォントに簡単にアクセス
・グラフ、テキストオーバーフロー、矩形以外のマスクに関するExcelとの互換性の向上
・Excelへの書き出し機能の向上

多くのアクセシビリティ機能の向上:
・VoiceOverで行、列、およびセルを追加する / 削除する / 並べ替えることが可能に
・VoiceOverで表ヘッダ情報の取得
・VoiceOverでグラフのデータとグラフの要素を編集可能
・VoiceOverでチェックボックス、スライダ、ステッパー、レート、およびポップアップメニューのセルを操作
・編集中に、フォント名やフォントサイズなど該当するテキストフォーマットの詳細をVoiceOverで読み上げ可能
・VoiceOverでコメントを追加 / レビュー
・VoiceOverでプリントプレビューにアクセス

Pagesの新機能

・Pages ’08、’06の書類を開くことができるように
・共有された書類をiOSとAndroidのブラウザでプレビュー
・これまでに書類に加えられた変更を表示/復元
・Appleがデザインした新しいテンプレート:子供向け賞状、クラシック賞状、学校ニュースレター
・「フォント」メニューで、最近使ったフォントに簡単にアクセス
・アラビア語とヘブライ語の双方向でのサポートを強化
・グラフ、テキストオーバーフロー、矩形以外のマスクに関するWordとの互換性の向上
・Wordへの書き出し機能が向上
・ePubの書き出し機能が向上

多くのアクセシビリティ機能の向上:
・編集中に、テキストフォーマットの詳細をVoiceOverで読み上げ可能
・VoiceOverでコメントを追加/レビュー
・VoiceOverで変更をトラッキング
・VoiceOverで行、列、およびセルを追加する/削除する/並べ替える
・VoiceOverで表ヘッダ情報を取得
・VoiceOverでグラフのデータとグラフの要素を編集
・VoiceOverで書類設定を変更

iWorksアプリ全てがEl Capitanに対応

iWorksに関してはOS X El Capitanに対応したMac OS用の「Keynote 6.6」「Numbers 3.6」「Pages 5.6」も公開された。システム環境はOS X Yosemite 10.10.4以降。

アップデートやダウンロードはMac App Storeで可能だ。
追加された新機能についてはMac App Storeで確認することができる。

「iWorks for iCloud」が正式サービス開始

今までベータ版として提供されていた「iWorks for iCloud」が正式版として提供が開始された。こちらも新機能が追加されているので確認しよう!

Keynote for iCloudの新機能

・スライドナビゲータを表示/隠す/サイズを変更する
・モバイルブラウザーでプレビュー
・スライドの背景を変更
・バージョン履歴
・コメント
・カスタムカラーを作成
・スライドをコピー/ペースト
・Keynote ’08および’06のプレゼンテーションを開く
・10言語が新たに追加

Numbers for iCloudの新機能

・ポップアップ・メニュー・セルを編集
・カスタムカラーを作成
・Numbers ’08スプレッドシートを開く
・表をフィルター
・バージョン履歴
・インタラクティブなグラフをアニメーション化
・モバイルブラウザーでプレビュー
・10言語が新たに追加

Pages for iCloudの新機能

・カスタムカラーを作成
・単語数
・バージョン履歴
・モバイルブラウザーでプレビュー
・コメント
・Pages ’08および’06の書類を開く
・書類をトラキングとともに表示する
・ページとセクションを挿入
・10言語が新たに追加

以上だ。

多くの項目が変更になっているため慣れるには時間がかかりそうだが、
マルチタスクに対応したことでより便利に書類作成等可能になっているので、ぜひアップデートしておこう!

[ via
Apple ]

iworks
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう