Apple DeveloperアプリがWWDC21開催に向けてアップデート。デザイン刷新の新ステッカーが利用可能に

現地時間6月1日、Appleは 「Apple Developer」 アプリの最新バージョン9.2を公開した。

同バージョンにアップデートすることで、WWDC21のパビリオンやセッションビデオなどすべてのコンテンツが閲覧できるようになるほか、アプリから直接WWDC21のラボに登録できるようになる。

さらにiOSアプリに関しては、メッセージアプリでデザインが刷新された新ステッカーが利用可能になっている。

Apple Developer バージョン9.2 リリースノート

  • パビリオン、セッションビデオ、1対1のラボ、コーディングとデザインのチャレンジなど、WWDC21で提供されるすべてを閲覧可能。
  • Developer App内から直接WWDC21のラボに登録可能。今後の予定についての通知も受け取れます。
  • デザインが刷新されたWWDC21ステッカー。
  • バグ修正とその他さまざまな機能向上。

iOSアプリの新ステッカー

WWDCは日本時間6月8日から約5日間にわたり開催される。今年も昨年同様、新型コロナウイルスの影響を考慮してオンラインのみの開催となるが、果たして何が発表されるのだろうか。

例年通りだと 「iOS 15」 などの各種OSの次期バージョンが発表されるが、今年はそのほかにも新型MacBook Proなどの新ハードに関する発表も予想されている。WWDCの最新情報は当サイトで追っていく予定なので、ぜひ更新情報をチェックいただきたい。

関連記事
WWDC21のスケジュール詳細が発表。基調講演は日本時間6月8日午前2時から
新型MacBook ProはWWDCで発表予定か。著名リーカーJon Prosser氏が発言

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。