Apple Silicon搭載Macは11月17日に発表、著名リーカーが言及。EECにも未発表Macが登録

新型Apple Watch、新型iPhoneときて、次は新型Macが登場へ。著名リーカーJon Prosser氏が現地時間16日、Appleは新型Macを発表するイベントを11月17日(現地時間)に開催する予定であることを確認したと発言している。

Apple Silicon搭載Macの発表イベントが現地時間11月17日に開催予定?

Jon Prosser氏によれば、11月17日に開催される新型Mac発表イベントでは、WWDC20で発表されたApple Siliconを搭載したMacがついに発表される予定であるという。

具体的にどの製品にApple Siliconが搭載されるかについては言及はしていないが、これまでの情報を考慮するとおそらくMacBookもしくはMacBook Proが発表される可能性が高い。

「Apple Silicon」 とは、Appleが独自開発したARMベースプロセッサ。iPhoneやiPad、Apple Watchに搭載されているAシリーズプロセッサ (たとえばA12 Bionicなど) と同様のアーキテクチャを使用することで、これらのデバイスとの親和性を高めながら、同時にMacに最適な形の低電力および高パフォーマンスを引き出すことが可能と発表されている。

EECデータベースに新たな未発表Macが登録

クリックで拡大

また、今月13日にはユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission)のデータベースに、未発表のMacが新たに登録されたことが確認されている (via Consomac9to5Mac) 。新たに登録されたのは 「A2337」 「A2338」 「A2348」 「A2438」 「A2439」 というモデル番号を持つデバイス。過去に発見された未発表Mac (A2147、A2158、A2182) と合わせて、現在8種類のMacが発表を控えている状態だ。

Apple Siliconを搭載したMacは、2020年末までに登場予定と告知されている。もしこの発表通りに発売するなら、発表は近々行われる可能性が高いためJon Prosser氏の情報通りに11月にも新製品発表イベントが開催される可能性はとても高い。

ちなみにこれまでも複数のリーカーやジャーナリスト、アナリストらから、Appleが3ヶ月連続で新製品発表イベントを開催すると伝えられている。9月に新型Apple Watch、10月に新型iPhoneが発表された。そして今年最後を締めくくるのは新型Macなのかもしれない。

関連記事
Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ
ARMチップを搭載した最初のMacは、再設計された新型iMacと13インチMacBook Pro。2020年第4四半期〜2021年初頭に発売へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。