「Apple 銀座」 の最終営業日は8月28日、仮店舗のオープンは8月30日

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月23日、Apple Japanは、同社直営店 「Apple 銀座」 の一時移転に伴い、現店舗の最終営業日が8月28日であることを明らかにした。

移転先となる 「HULIC &New GINZA 8」 での営業再開は8月30日を予定している。営業時間はまだアナウンスされていないものの、現在の 「Apple 銀座」 の営業時間と同じであれば午前10時〜午後9時までの営業となるだろう。

「Apple 銀座」 は、今月30日より銀座8丁目の 「HULIC &New GINZA 8」 に移転し営業を開始する。現在の 「Apple 銀座」 サヱグサビル本館より650mほど移動する。最寄駅はJR新橋駅あるいは東京メトロ銀座駅。

この移転は、現在入居するサヱグサビル本館の建て替え工事に伴うもの。一時的に 「HULIC &New GINZA 8」 へと移転し、サヱグサビル本館の建て替えと同時にリニューアルを実施する。つまり、「HULIC &New GINZA 8」 は仮住まいとなる。

Apple 銀座 移転先
建物名 HULIC &New GINZA 8
住所 東京都中央区銀座8-9-7
アクセス JR各線 新橋駅 徒歩4分
規模 地上12階、地下1階
構造 木造、鉄骨造
敷地面積 251.98㎡
延床面積 2,459.55㎡
竣工 2021年10月
設計 株式会社 竹中工務店
施工 株式会社 竹中工務店
移転日 2022年8月30日〜

サヱグサビル本館の建て替え工事は、2022年9月から実施され、2024年末には完成する予定。約1年半、「Apple 銀座」 は仮店舗での営業を続けるとみられる。

「Apple 銀座」 は、Apple Storeの国内ストア第1号店かつ米国外のストアとして初めてオープンした。日本のストアの旗艦店として機能し、国内で唯一となるシアターが設置されており、時にはスペシャルゲストを呼びトークイベント等を実施するなど、他店舗にはない様々な催しが行われていた、特別なストアだった。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。